妻「友達がいなくなっちゃた」

突然、そんな事を言われても困るんだけど。

多分、仕事場での話なんだろうが。

また人がやめたんだと思う。

医療関係、特に看護関係は出入りが激しい。

仲が良かった人が居なくなったんでしょうね。

「俺がいるでしょ。」と言おうかと思ったが、いつものことなのでそのままで。

妻の独り言に付き合っていたら体が持たない。

なんて、言ったらバチが当たるのでしょうか。

新人「あ、あの、お願いします・・。(恥」

ここ2,3年前から近所に新人研修と言う若者たちが来るようになった。

こんなヘンピなド田舎に来るとは、担当主任もナカナカの曲者です。

背中からホカホカの湯気が出ていそうな就活背広姿の若者たち。

去年は雨の中で傘もささずに公園で集まって策を練っている姿を見た。

玄関からピンポ~ンとベルの音が。

新聞の集金かと思って出たら、ソコソコにカワユイお声のお嬢様が!(ヨダレ

「新人研修で来ました。ご挨拶だけでもさせて下さい。」と。

仕方が無いな~、とチョットだけの(スケベ)気持ちで玄関を開けました。(ヨダレ

中古車販売?の名刺を頂きました。

メモを取りながらの話をスタート。

でもメモを取るフリでの会話でした。

挨拶だけが結構長くなったので途中で「もう、イイですかね?」と訪ねたけど、そこからまた2回目のスタート。

もう一度「もう、イイですかね?」と聞いてやっと終了。

最後に「もう一度、訪ねてもイイですか?」と聞いてきたので、

「ハイ、もちろんOKです!(ヨダレ」とは言わず、

「いや、もう無しで、ね。(ウソ」ときっぱりと言いました。

もう来ないことを願っています。(・・ヨダレ

イライラする時は、昼寝する!

最近、やたらとイライラする。

物事が上手くいかないのが原因と思われるが。

それで小さな事に「八つ当たりする」のは良くない。

分かっているが後の祭り状態。

昨日も片付けてない書類の山に腹を立てて手で投げつけてしまった。

後悔の感情の中で、その投げつけた書類を片付ける。

ああ、駄目だよね。

反省するも、今日がまた始まる。

韓流に染まる妻・・(汗

最近、やたらとビデオに録画して、

仕事から帰宅した夕飯時に見ている。

そんなに面白いのでしょうか。

やっぱ、イケメンですか?

骨太男、整形美人、か。

それともソソられる男がワンサカ出てくるからかぁ。

まあ、俺はもうソソられるような男でも無いし、

そんなソソる物も既に無い状態なので、張り合おうとは思ってない。

でもね、・・・以前は立派に持っていたんですよ!(え?

諦めるべきか、何度も言うべきか?

「洗濯物を洗濯機に入れる時は解けないほど丸めて入れない!」

理由は脱水の時に洗剤が残る。

でもイイか?と、妻に言ったが、今回も丸めて入れてあった。

当然、洗剤が残った状態で脱水されていた。

干しました。

当然、干しました。

腹が立って、捨ててやろうかと思ったが、干しました

もう一度、言おうかと思ったけど、干しました。

洗剤の匂いがたっぷりとした方がイイ妻の為に、そのままで干しました。

やっぱ、言うのはやめます。

もう、決して言いません。

もう、諦めました!(怒

ほんの一握りの人にしか役に立たない事でも

それが重要な内容ならばやるべきだと思う。

そんな事を一週間も前からやっている。

たぶん見る人は数人かもしれない。

それを実際に使う人はその半分以下だろう。

でも、昨夜も遅くまでパソコンで、調査、検証、まとめ、を行った。

元の情報があまりにも大雑把なので、それを見る人達はほとんど理解してないように思えた。

そこで一発奮起して、「それならば誰が見ても分かる内容を書いてやる!」とやり始めた。

情報が無いに等しい状態からのスタート。

自分の知識を総動員して書き始めた記事。

昨夜でやっと原文が出来上がった。

後は再チェック、校正、そして英語圏の人でも分かるような状態に修正つもりです。

でも、・・・、どれだけの人が見てくれるんだろう?

まぁ、イイか。(気にしない

妻の後ろ姿を見ると・・・(オヤメ!

妻は俺と10歳+7ヶ月離れています。

それも有るかもしれないが、かなり若く見えます。

着替えている時に後ろから、そっとハグした事は何度も。

台所で料理している後ろから、そっと抱きしめた事は何度も。

後ろからウナジに、そっとキスした事も星の数ほど。

とにかくスタイルは歳の割には結構良いし、肌も綺麗だから、とにかく抱きつきたくなる。

でもネ。

・・・。

前からは見ると、・・・ヨダレが止まります。(オイ!

FaceBookで出会い系

たどたどしい日本語で「お友達募集」のFacebookを発見。

しかもナイズバディ!の写真付き。

つかさず「お友達申請」を発行。

その直後にメッセージが。

「ゴメン。脱退します。この後は xxxx@yyyy.hoge へメール下さい」

オイオイ。

明らかに詐欺的なお誘い。

友人に聞くと「返事してご覧。数日後は海に浮かぶよw」と。

なるほど、ね。

勉強になりました。

でも、見ると10人以上もお友達申請が有る。

中には「金ワンサカ有り。70台♂」、「職業:パイロット」。

お前らも同じだな!w

え?、これは10年以上も前の話です。

再婚は3年後かな?

俺の話じゃない!

兄弟の一人で家族が死別して3年経つ。

とても仲のいい夫婦だったが、病魔には勝てない。

直後は何をするにも思い出していたようだけど。

最近は会社へ出かける時に自宅の方を振り返ることも無くなってきたと言っていた。

以前は家族が玄関から見送っていたので、よく振り返ったんだそうだ。

子どもたちの話では最近だが帰宅が遅くなる事があると言っている。

しかも夕飯を食べないことがあるみたい。

子どもたちは「女が出来たかも?w」と言っていた。

真偽は不明だが、もうそろそろイイのでは無いかと思っている。

一生懸命働き、一生懸命家族を守ってきたんだ。

残り少ない人生を少しでも謳歌してほしい。

子供の就活に口出す母親

父親は全くの無関心を決めています。

親の影響をまともに受ける子供にとって、親の口出しは「独り立ち」の邪魔だと思っているいる父親です。

自分のことは自分で決める。

それが父親のスタンス。

しかし母親は違います。

履歴書の内容と書き方、就活先の選別、予備知識の事前調査と、何から何まで口を出します。

それを望んでいるかのごとく、聞いている「自分での思考を停止している」我が子です。

親の「少しのアドバイス」は許容範囲かもしれません。

しかし、何でもかんでも口出すのが親の努めでしょうか。

そりゃあネ、たくさんの失敗の人生経験を積んだ親の意見は参考になるかもしれない。

でもネ、それ以上に「自立」は必要でしょ!

 

もう、自分で自分の人生ぐらい、考えろよ!(オバカ